TOPペナルティ解除 > 【SEO世直しシリーズ暴れん坊将軍】 第2話 危機一髪!悪徳SEO業者を追え
【SEO世直しシリーズ暴れん坊将軍】 第2話 危機一髪!悪徳SEO業者を追え

SEO世直しシリーズ暴れん坊将軍 第2話 某大手SEO会社と契約した時に危険リンクを多くつけられペナルティになり、それを否認して順位が上がった事例です。

SEO世直しシリーズ暴れん坊将軍

大手SEO会社と契約後につけられたリンクでペナルティ


◎実際にSEO会社につけられたリンク先

ペナルティリンク見本

これは、昨年の11月ごろに当社に相談に来たクライアントのサイトの被リンクを調べていたところ見つけた被リンクです。

クライアントのサイトは、上記のような被リンクが大量に設置されており、このリンクが原因で順位が下落していました。

このペナルティリンクは2つの特徴がありました。

  • WordPressのテーマを写真も変えずにそのまま使用している
  • アンカーテキストが直接SEOキーワードになっており、同じアンカーテキストで多数のリンクを設定している

  • 上記のページにモザイクがかかっていないリンク部分がありますが、同じような場所に実際にSEO対策で狙っていくキーワードをアンカーテキストにした(今回で言えば、「SEO対策 札幌」の部分です)リンクを数多く設定していました。

    Googleは、品質に関するガイドラインの中で最適化されたアンカー テキスト リンクをNGと言っております。

    それをSEO会社が、大量に設置すれば、当たり前のようにペナルティになり、順位が下落してしまいます。

    5年以上前に流行ったリンクの設定方法です。素人が知らずにやるのはいいですが、SEO会社がこのリンクを設定するのは、SEO対策を知らないのではないかと疑ってしまいます。

    あなたのサイトに危険リンクあるかチェックします!⇒

    リンクの否認とSEO対策で順位上昇


    この案件は、上記のリンクをすべて否認して、その後、SEO対策をして、約1か月で順位が圏外から8位に上昇しました。

    SEO対策をSEO会社に頼んだのにマイナスになる危険なリンクを付けられて、順位が下落してしまった事例です。
    皆さんも最適化されたアンカーテキストの被リンクは実際に自然にリンクを獲得するときは、ほとんどあり得ませんので、気を付けましょう!

    あなたのサイトに危険リンクあるかチェックします!⇒
    あなたのサイトのリンクは大丈夫ですか?
    危険な被リンクをチェックする(無料)

    下記、メールアドレス登録後、無料ですぐご利用頂けます。

    注意事項

    ・ご登録はお一人様につき1回までとさせていただいております。
    ・一部利用回数などの制限がございます。
    ・当ツールを利用したことにより発生した損失、損害に対して、当社は一切責任を負いません。
    ・登録されたメールアドレス宛に当社からプロモーションメールが配信されることがございます。

    この記事を見た人は、こんな記事も見ています!
    人気ペナルティ解除事例
    「ペナルティ解除」カテゴリ内検索