TOPペナルティ解除 > 【Google ペナルティ】手動ペナルティと自動ペナルティのその違いと解除方法
【Google ペナルティ】手動ペナルティと自動ペナルティのその違いと解除方法

Googleのペナルティには、2種類あります。

手動によるペナルティと自動ペナルティです。

今回は、このペナルティの違いと各々の対策を解説します。

Googleペナルティ

手動ペナルティと自動ペナルティの違い


手動ペナルティと自動ペナルティの最大の違いは、手動ペナルティの場合は、WEBマスターツールの「手動による対策」のところにメッセージがあるかどうかです。

手動ペナルティの場合は、WEBマスターツールに手動ペナルティであるというメッセージがGoogleから届くようになっています。

これがあれば、手動ペナルティということになります。

では自動ペナルティとは、どういうものかというと、Googleのアルゴリズムによって、実際にはもっと高い検索順位にあるが、順位が低くなっているという状態です。

実は、自動ペナルティを正確に100%判定することはできません。

順位が落ちた時期で判断するかインデックス削除などされているのを判断基準とするしかありません。


手動ペナルティの解除の仕方


手動ペナルティに関しては、いろいろな種類がありますが、代表的な「サイトへの不自然なリンク」のペナルティの解除の仕方は、先日の記事で解説しましたので、暮らしくはそちらを参考にしてください。

【Google ペナルティ】サイトへの不自然なリンクによるGoogleペナルティ解除事例 

自動ペナルティの解除の仕方


自動ペナルティは、先ほども書きましたが、ペナルティかどうかを100%判別する術はありません。

しかし、大きなGoogleのアップデートがあった日付に順位が下落していたときは、ペナルティと判断してもよいと思われます。

主にパンダアップデートとペンギンアップデートの場合でGoogleの発表があった日付で順位が落ちていれば、自動のペナルティと言えるでしょう。

対策としては。パンダアップデートは、コピーコンテンツに関するペナルティですので、おなじようなコンテンツがないかを調査して、削除するか書き直して全く別なものにするかしてください。

ペンギンアップデートの場合は、被リンクのペナルティです。

これは、「サイトへの不自然なリンク」のペナルティの記事で書きました、再審査リクエストを送る手前までの作業が必要です。

具体的には、

  • 自分のサイトの被リンク一覧を取得する
  • 被リンクを精査して、スパムと思われる被リンクをチェックする
  • スパムと思われる被リンクを削除する、もしくは否認する
  • 上記の作業が必要です。

    この作業で重要なのが、調べれる分だけの被リンク一覧を入手することとその被リンク一覧を確実に精査し、危険なリンクを見分けることです。

    危険なリンクを見分ける作業は、慎重にやらなければ、効果のある被リンクまで削除してしまい、サイトの評価が落ちてしまう場合もあります。

    しかし危険なリンクが残ったままだと順位はいくらたっても上がることはありません。

    ペンギンアップデートで下落した方は、一度、サイトの被リンクを精査することをお勧めいたします。


    まとめ


    手動ペナルティは、WEBマスターツールに警告が来るのでわかりやすいのですが、自動ペナルティは、ペナルティかどうかを見極めなければなりません。

    しかしペンギンアップデートで落ちた方は、ペナルティを受けている可能性が高いので、対処しなければ、順位が回復する可能性が限りなく低いです。

    順位が下落して戻らない人は、当社の無料調査依頼を活用して、原因を突き止めてみてください。

    あなたのサイトのリンクは大丈夫ですか?
    危険な被リンクをチェックする(無料)

    下記、メールアドレス登録後、無料ですぐご利用頂けます。

    注意事項

    ・ご登録はお一人様につき1回までとさせていただいております。
    ・一部利用回数などの制限がございます。
    ・当ツールを利用したことにより発生した損失、損害に対して、当社は一切責任を負いません。
    ・登録されたメールアドレス宛に当社からプロモーションメールが配信されることがございます。

    この記事を見た人は、こんな記事も見ています!
    人気ペナルティ解除事例
    「ペナルティ解除」カテゴリ内検索