TOPペナルティ解除 > 【Google ペナルティ】サイトへの不自然なリンクによるGoogleペナルティ解除事例
【Google ペナルティ】サイトへの不自然なリンクによるGoogleペナルティ解除事例

通常、サイトを運営していて一番発生しやすいペナルティが、「サイトへの不自然なリンク」ではないでしょうか

「サイトへの不自然なリンク」のペナルティは、2種類あり、サイト全体への影響がある全体一致とリンクへの影響の部分一致の2種類です。

サイト全体への影響がある全体一致は、Googleからインデックス削除されるなどのかなりのダメージがあるペナルティですが、部分一致の場合は、順位がほとんど落ちないことがあるなど、影響が少ない場合もあります。

今回は、実際にどのように「サイトへの不自然なリンク」のペナルティを解除するかを解説します。

Google-penalty

被リンクリストを入手する


「サイトへの不自然なリンク」のペナルティは、当たり前かもしれませんが被リンクへのペナルティです。

ペナルティ解除の順番としては、

  • 自分のサイトの被リンク一覧を取得する
  • 被リンクを精査して、スパムと思われる被リンクをチェックする
  • スパムと思われる被リンクを削除する、もしくは否認する
  • WEBマスターツールから再審査リクエストを送る
  • となります。

    最初にやることは、「自分のサイトの被リンクリスト」の入手です。

    被リンクリストは、以下の方法で取得できます。

  • Google、BingのWEBマスターツールから取得
  • 海外の有料ツールから取得
  • 検索から取得
  • 詳しくはこちらの記事から
    自分のサイトについている「被リンクを知る」4つの方法とは?[保存版]

    取得した被リンクをエクセルなどで一覧にします。


    被リンクリストの精査


    上記の方法で取得した被リンクリストの中身を精査します。

    ペナルティの原因の被リンクは、あきらかに自然についたリンクとは思われません。

    おもな特徴は以下のようなリンクです。

  • SEO対策のためのディレクトリ登録サイトからのリンク
  • 関連性がないリンク集からのリンク
  • 直接アンカーテキストのリンク
  • この記事を参考にしてください。

    ペナルティになるリンクと効くリンクとの違い知ってますか?

    スパムと思われる被リンクを一覧にします。


    スパムリンクの削除・否認


    上記のスパムリンクの一覧から削除できるものは削除して、できないものは、否認ツールで否認しましょう。

    Googleヘルプ リンクを否認する

    上記のGoogleのヘルプに否認ツールの使い方が説明されています。

    こちらにそって、否認しましょう。注意点はなるべくドメインで否認することとAmebaブログのようなディレクトリで運用しているブログは、URLごとに否認するということです。


    再審査リクエスト


    最後に再審査リクエストをします。

    こちらは、WEBマスターツールから実行することが可能です。

    WEBマスターツールの 「検索トラフィック」→「手動による対策」のメッセージ部分の折りたたまれているところを開くと「再審査「リクエスト」ボタンが出てきます。

    その「再審査リクエスト」ボタンを押すと文章を入力する画面になりますので、そこで「現在、Googleのガイドラインに違反していません。」というメッセージを送ることで原因となる被リンクが取り除かれていれば、問題なくペナルティが解除されます。


    まとめ


    「サイトへの不自然なリンク」のペナルティは、かならず原因となる被リンクがあり、それを削除、もしくは否認することで確実に解除することが可能です。

    一番重要なのが、いかに自分のサイトの被リンクを多く取得できるかにかかっています。

    WEBマスターツールの被リンク一覧だけでは、解除できない場合がけっこうあります。

    海外の被リンクチェックツールなども活用して、多くの被リンクを取得してください。

    あなたのサイトのリンクは大丈夫ですか?
    危険な被リンクをチェックする(無料)

    下記、メールアドレス登録後、無料ですぐご利用頂けます。

    注意事項

    ・ご登録はお一人様につき1回までとさせていただいております。
    ・一部利用回数などの制限がございます。
    ・当ツールを利用したことにより発生した損失、損害に対して、当社は一切責任を負いません。
    ・登録されたメールアドレス宛に当社からプロモーションメールが配信されることがございます。

    この記事を見た人は、こんな記事も見ています!
    人気ペナルティ解除事例
    「ペナルティ解除」カテゴリ内検索